伊豆急下田駅(伊豆急行)

海へ山へ、リゾート列車が行く

伊豆急下田駅のみどころ

伊豆急下田(いずきゅうしもだ)駅は、静岡県下田市にあります。伊豆急は、伊豆急行の略称です。下田は、ペリー率いる黒船来航の港町です。地魚、海産物が美味しく、それだけを目的にして来ても良いかもしれません。
駅からすぐの所に「下田ロープウェイ」山麓駅があり、眼下に街を見おろせる寝姿山(ねすがたやま)山頂まで、一気に上れます。着いてまず何をしよう?と思ったらここに行ってみましょう。
夏休み、どこに行こうか迷っていて、多少のお金に余裕があるなら、ここを拠点に半島をぐるっと巡ってみるだけで、「あ~1泊したい!できればもっと!」と思うこと請け合いです。

レンタカーもバスも豊富にあるし、海に行くなら石廊崎(いろうざき)方面まで足を伸ばしてみても良いかもしれません。(昔はそちらまで延伸する計画があったとか)。夏はとにかく暑いけれど、のんびりするのではなく、何かアクティブに動きたい!というエネルギーに満ち溢れています。

伊豆急行のみどころ

私がこの沿線が印象的なのは、伊豆急が昔主催した「名探偵コナンクイズラリー」という地域イベントがあって、それに参加したからです。大急ぎで沿線のいろいろな名所を巡って、それでも日帰りで2回往復しました。クイズがかなり練られていて解けないと悔しくて、時刻表とにらめっこしながら頭フル回転した、思い出深い場所です。

沿線がどこも風光明媚なところで、伊豆高原駅周辺の美術館・博物館めぐりや、泊れればペンションなど宿泊しつつのんびり行きたいところです。クイズラリーがなければ各駅に降りるなんてこともしなかったかもしれませんが、伊豆急では沿線の海岸線を眺め、列車に乗っているだけでそれが観光になるぐらい、景色に優れた場所です。

この沿線は、東京方面から車だけで来ようとすると渋滞に悩まされます。行きも帰りも、列車の快適さには敵いません。列車名もリゾートというぐらいで、本当に快適です。
朝早く起きて、途中まで18切符を使って安く済ませて来ようというのも面白いですが、せっかくならバカンスに来たつもりで、羽根をのばしたいですね。

行き方

東京方面からは、JR伊東線の伊東駅を経由して、終点の伊豆急下田駅まで直通運転で、特急「踊り子」号、「スーパービュー踊り子」号が出ています。早く目的地に座って行こうとするなら一番手軽です。
新幹線の最寄駅、JR東海道本線の熱海(あたみ)からは、普通列車にもかかわらず、特急を凌ぐ豪華展望列車「リゾート21」が発着しています。沿線景色を楽しみたいなら、熱海で一度乗り換えて、「リゾート21」に乗ることをお奨めしたいです。

 

投稿者:

railmap-info

鉄道旅行に行くようになったのは中学に入ってから、兄の勧めで学割で、国鉄のワイド/ミニ周遊券で。春休みや夏休みに1回どこかに行くだけでした。大きくなってからは民鉄も好きになり、わざわざ変わった場所を探して行くことが多くなりました。今でも18切符はたまに使います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です