タブレット1つでローカル鉄道旅行気分

railmap.jp は便利!

railmap.jpでは、路線図をクリックするだけで、YouTubeに投稿された展望動画を検索したり、時刻表サイトを検索したり、GoogleMapで駅周辺を表示したり、WikiPediaで駅データなど調べものができます。実際に旅行計画を立てるときにも結構使えます。

特に、トップページの「キー検索」が便利。駅名の読み方がわからなかったり、正確な名前が思い出せなくても、漢字やひらがなで、部分だけでも入れれば検索できます。例えば「温泉」とか「おんせん」とか入れてみると、○○温泉とか○○温泉××という駅名がずらっと出てきて、正しい読み方を教えてくれます。そこから路線図へリンクして行けます。

どんなとき便利?

・路線図で駅をたどって展望動画を見て、なんとなく旅行した気分にひたれる。秘境駅とか、見た事ない駅を発見できる。
また実際に、今度行く旅先の風景や、駅の規模などを下調べできる

・いま乗っている路線にどんな駅があるか、時刻表や降りたところの周辺図などをピンポイントで調べられる(WiFiタブレットだと、かなり楽しい。)

・駅名検索すると、どの路線に乗り継ぎできるかが分かる。キーボードで全部打ち込まなくても、50音検索ならタッチとスクロールだけで済むので楽。

・テレビの旅番組で出てきた駅名から検索して、どんな所を旅しているのかすぐ調べられる

railmap.jpってどんなサイト?

  1. 感覚的に遠い近いがわかる路線図
    各鉄道会社の標示している直線的な路線図ではなく、一般地図のように緯度経度のバランスから、駅間の距離感がわかる路線図です。
  2. 在来線を全線網羅
    新幹線は入っていませんが、それ以外のほとんどの鉄道が網羅されています。
  3. 利便性
    広域路線図では、路線名や駅にマウスカーソルをのせるとその路線全体が光り、どの路線がどこにあるか、楽しく発見できます。
  4. 不便性
    たまに、駅名が変わったとか、路線が延長されたとかいう情報が反映されていないことがある。(札幌市電が環状線化されて、すすきの~西4丁目の間に狸小路という駅ができたのだが、最近ようやく直った…。)他にも気付いたことがあったら、ご意見フォームで管理人に教えてください。

投稿者:

railmap-info

鉄道旅行に行くようになったのは中学に入ってから、兄の勧めで学割で、国鉄のワイド/ミニ周遊券で。春休みや夏休みに1回どこかに行くだけでした。大きくなってからは民鉄も好きになり、わざわざ変わった場所を探して行くことが多くなりました。今でも18切符はたまに使います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です