高千穂駅(旧・高千穂鉄道、高千穂あまてらす鉄道)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

スーパーカートで、高さ日本一の鉄橋を渡る

高千穂駅のみどころ

高千穂(たかちほ)駅は、宮崎県高千穂町にあります。所在地は「宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井1425−1」です。
台風による壊滅的被害を受け再建のめどが立たず廃線になった高千穂鉄道の、終着駅でした。しかし、駅舎は残っています。なぜかというと、現在は「スーパーカート」という、軽自動車を改造したトロッコミニ列車が走っているからです。高千穂あまてらす鉄道株式会社が運営しています。今は公共交通的な鉄道ではないため、GoogleMapで探しても見つかりません。カーナビでも、住所を入れないとたぶん無理でしょう。
この特殊路線は、高千穂駅から次の天岩戸(あまのいわと)駅までの区間です。その目の前に、鉄道橋として日本一の高さである「高千穂橋梁(きょうりょう)」がそびえており、天候がおだやかであれば、ゲートを開けてこの橋の末端まで渡って、引き返してくれます。その見晴らしは、下を見れば恐いようなものの、まるで渓谷を手中に収めたような素晴らしい眺めです。

旧・高千穂鉄道のみどころ

高千穂駅でさらにすごいのは、年に数回(3連休など)だけですが、本物の旧車両を使って「運転体験」をさせてくれることです。1日10回、1人1万円で高千穂駅構内限定、要自動車普通運転免許ですが、このようなことをさせてくれる場所はめったにないでしょう。運転してみたいと思ったら、あまてらす鉄道のホームページをチェックして、予約するチャンスを待っていましょう。
なお、運転までできなくても、高千穂駅構内に車両がそのまま保存されています。乗ることも、運転台にちょこんと乗ることもできます。駅舎には往年の鉄道写真が展示されており、記念グッズなどを売っています。
旧路線にあった日之影(ひのかげ)温泉駅は、現役のときから駅直結の温泉として有名でした。温泉は今も健在です。バスや車で来れるので、ぜひ立ち寄りたいスポットです。施設は露天風呂など各種温泉はもちろん、物産店、レストラン、鉄道展示資料が充実しています。さらにここには、旧高千穂鉄道車両を改造した「TR列車の宿」があります。日之影温泉から東寄りにあった吾味(ごみ)駅~槇峰(まきみね)駅区間の鉄道跡は遊歩道として整備され、森林浴を兼ねて行けるレクリエーションスポットとなっています。

行き方

かつて高千穂鉄道で結ばれていた東の延岡(のべおか)駅から、九州本土を横断するように西の熊本まで、宮崎交通および産交バスの高速乗合バスが1日2往復しています。延岡駅前バスセンター~熊本駅前までは所要約4時間です。途中にある高千穂バスセンター(西臼杵郡高千穂町三田井804)で下車すれば、高千穂駅舎まで歩いて行ける距離です。
また宮崎交通バスは、延岡バスセンターを起点に、日之影温泉まで2~3時間に1本走っています。延岡~日之影は約1時間です。
車で行くなら、高千穂駅、日之影温泉駅とも無料駐車場があります。
なお、JR日南線には、高千穂鉄道の旧車両を超デラックスに改良したJR九州「特急 海幸山幸(うみさち やまさち)」が走っています。宮崎交通による宮崎~高千穂のバス路線もあるので、旅程に余裕があれば両方乗れます。一度乗ってみたいですね。

投稿者:

railmap-info

鉄道旅行に行くようになったのは中学に入ってから、兄の勧めで学割で、国鉄のワイド/ミニ周遊券で。春休みや夏休みに1回どこかに行くだけでした。大きくなってからは民鉄も好きになり、わざわざ変わった場所を探して行くことが多くなりました。今でも18切符はたまに使います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です